薔薇サプリを飲んで口臭をなくそう|加齢臭にも効果絶大

EPAの効果と摂取

サプリメント

見直されるEPA

オメガ3系脂肪酸が不足すると、血管の内腔が狭くなって、高血圧を起こし易くなります。そのため高血圧の人は、オメガ3系脂肪酸が不足しないように、定期的な摂取が必要です。このようなオメガ3系脂肪酸には、いくつかの種類が発見されています。そのうちEPAの効果は、血液中の脂肪分を取り除いて、血液をサラサラにすることです。血液がサラサラの状態になると、血栓ができにくくなり、高脂血症が改善されます。その結果としてEPAをたくさん摂取する人は、高血圧を患うことが少ないと指摘されています。したがったEPAを摂取することは、高血圧の改善にも繋がることです。こうしたことからEPAを摂取することが、今後は高血圧の人で増加すると見込まれています。

EPAの摂取の量と方法

このようなEPAの1日に必要とされる量は、1から2g程度が目安です。数値に幅があるのは、年齢や男女によって、必要となる量が異なるためです。しかし現在のEPAの平均的な摂取量は、いずれの条件でも1から2g程度を大きく下回っています。少しだけ下回っているだけであれば、食事内容を少し変更するだけで、済ますことが可能です。ところが大きく下回っていると、食事内容を根本的に変更しなければなりません。そのためEPAは、食品以外のサプリメントから摂取するほうが現実的な方法です。サプリメントであれば、食事内容を変更する必要がありません。またサプリメントは、摂取量が明確になるために、過不足なく摂取することができます。こうしたメリットがありますから、高血圧の人はEPAをサプリメントで摂取すると便利です。